2017年12月3日(日)エコみらいとくしま会議室にて、徳島市市民活力開発センターと共催で、ハッピースプロジェクト代表の山下氏を講師にお迎えし「ECOバルーンアート教室」を開催しました。

バルーンアート作成体験を通して、環境について楽しく学んでいただこうと企画したこの教室も第7回目を迎えました。

今回は12月ということもあり、「クリスマスツリーとゆきだるま」を作ります。

まずはじめに、クリスマスツリー作りです。

丸い小さな風船をたくさん膨らましてくっつけていきます。丸い風船をつくるコツは、少し大きめに空気を入れ、少し空気を抜きながら丸く成形すること。バルーンアート用の細長い風船より扱いやすいのですが、大きく膨らませ過ぎてバランスを調節するのが難しいです。

今までに参加された方が多くいらしたので、風船を膨らましたり、くっつけたりといった作業に慣れていて、てきぱきこなしていらっしゃいました。

次に雪だるまです。バルーンで帽子やマフラーをつくり、最後にかわいくお顔を描いたら完成です。

 P1030314

エコみらいとくしまスタッフからは、12月はクリスマスや忘年会シーズンであり、すぐにお正月もやってきてご馳走を食べる機会が増えるため「おいしい徳島食べきり運動」のチラシを見ていただき、「食品ロス」や、宴会の開始から30分と閉宴の10分前は席に座って食事を楽しむ「3010運動」についてお伝えしました。また、地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE(賢い選択)」について説明を行い、身近なところから地球に優しい取り組みをしていただくよう、お願いしました。

バルーンアート教室は、原則第3日曜日に開催しています。

次回は2018年1月21日(日)開催、若干数お申し込みできますので、是非みなさんご予約ください。